【看護師転職】歯科の仕事内容と良い点と悪い点について

【看護師転職】歯科の仕事内容と良い点と悪い点について

一般的な歯科医院で歯科医の診察補助を行うのは歯科衛生士や歯科助手が多く、看護師の有資格者を募集しているケースは少ないですが、歯科の大学病院や歯科口腔外科等では看護師の専門的なスキルを必要とする職場があります。

 

歯科で働く看護師の仕事内容は、主に手術の際に必要な点滴やバイタルチェック、採血、各検査等を担当します。

 

一般的に歯科衛生士や歯科助手が行う仕事内容と重複する場合がありますが、職場によっては明確に仕事が分けられているケースが多いです。

 

看護師は主に病棟勤務や手術室で勤務する職場が多く、外来担当になる職場は限られています。病棟勤務になると夜勤を担当する場合もあります。

 

歯科で働く看護師は、比較的仕事がしやすい勤務形態を用意してくれる職場が多いのが良い点に感じられます。

 

病棟勤務に関しては夜勤の可能性がありますが、手術室担当になった場合は日勤のみで残業もほとんど少ないため、あまり時間に縛られる仕事は避けたいと感じている方には働きやすいものです。

 

他の診療科目よりもきついと感じられるのは、歯科衛生士や歯科助手と良好な関係を築きにくい職場が存在している点です。

 

看護師が担当した仕事に対して対抗心を燃やす歯科衛生士や歯科助手が存在しているため、人間関係がギクシャクしやすい場合があります。

 

明確に仕事内容を分けている職場なら特に大きな問題になりませんが、仕事内容の線引きが曖昧な職場ではトラブルに発展しやすい可能性があります。

 

しかし、やっぱり看護師さんの立場や信頼は歯科でも絶大です。

 

ドクターも手術中に患者さんに異変が起こった時、真っ先に衛生士ではなく、看護士さんを呼びます。

 

絶対数が少ないため狭き門ですがもし歯科で働くことがあたっら、ほんと頑張ってくださいp(*^-^*)q

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!