【看護師転職】精神科の仕事内容と良い点と悪い点について

【看護師転職】精神科の仕事内容と良い点と悪い点について

ここでは、精神科への転職をお考えの看護師の皆様のために、精神科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます。

 

不安定な心の問題を抱えている患者さんに対して適切な治療を行う精神科では、患者さんと密接に関わる看護師の役割がとても重要になります。

 

精神科では大きく分けると急性期と慢性期によって患者さんへの対応が異なりますが、

 

医師の診断結果に基づき適切な投薬治療や心理療法、行動療法を総合的に実施します。

 

完治を目指すまでには長期間治療を実施しなければいけない場合が多いため、しっかりとコミュニケーションを図りながら信頼関係を築くのが一番大切な仕事内容になります。

 

患者さんにとっては医師よりも親身になって話を聞いてくれる看護師を頼りにしてくれる場合があるため、

 

相談に乗る時にも責任を持って適切なアドバイスができるようにしなければいけません。

 

精神科の看護師として仕事を続けていると、患者さんの状態によってどのようなケアが必要になのかをある程度判断できるようになります。

 

心の問題に対して適切なケアを施すためには、とにかく経験を積み重ねなければいけません。

 

患者さんと良好な関係を気づいていなければ心を開いて話をしてもらえないため、コミュニケーション力を磨く努力も必要になります。

 

良い点は精神科に勤務していると必然的に他の診療科目よりも高度なスキルを習得できるため、実力を高めるためにも大いに役立ちます。

 

きつい所は患者さんによっては心のバランスを崩して暴力的になるケースが多く、看護師にも危険を及ぼす可能性があります。

 

看護師自身が心のバランスを崩すリスクもあるため、心身の健康に自信がある方でなければかなりキツイ職場に感じられます。

 

しかし、残業が少なく病院や施設によっても異なってくると思いますが、定時に仕事を終えられる職場がほとんどです。

 

なのでご自身のライススタイルを変えずに働けるというのも魅力です。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!