【看護師転職】産婦人科の仕事内容と良い点と悪い点について

【看護師転職】産婦人科の仕事内容と良い点と悪い点について

ここでは、産婦人科への転職をお考えの看護師の皆様のために、産婦人科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます。

 

女性特有の疾患や妊娠・出産に関わる診察を行う産婦人科では幅広い年齢層の患者さんが存在しています。

 

医療機関によっては産科と婦人科を分けて診察を行っている場合もあります。

 

厳密にはそれぞれの仕事内容が異なりますが、医師の指示に従いながら診察の準備や採血、注射等の処置を施すのが主な仕事内容になります。

 

妊娠や出産に関わる仕事に関しては助産師が担当する場合が多く、看護師と協力しながら適切な処置を施します。

 

患者さんは女性ばかりになるため、同性同士の方が悩みを打ち明けやすいとして、男性医師よりも女性看護師の方が頼りにされる場合が多いです。

 

産婦人科の看護師として仕事に従事していると、患者さんから切実な悩みについて相談されて適切なアドバイスを求められる機会が多くなります。

 

産婦人科で寄せられる様々な悩みに対応しているうちに、専門的な知識を習得できて適切なアドバイスができるスキルが身に付きます。

 

他の診療科目で勤務する看護師よりも頼りがいがある存在として患者さんから認識してもらえるため、仕事に対する意欲を感じられるメリットがあります。

 

産科の場合は主に助産師が活躍する機会が多いため、看護師の場合はやり甲斐が感じられない場合があるのがデメリットとしてあげられます。

 

基本的には助産師と看護師が連携しながら患者さんのために適切な処置を施しますが、

 

職場によっては助産師と看護師の間に見えない壁が存在していてお互いにやりにくさを感じる場合があります。

 

しかし、婦人科看護師としてのやりがいは大きいものがあります。

 

転職を考えているのであれば、自分の求めているイメージに合った病院を探すことが大事です。

 

小規模な病院であれば、地元の人との交流をより深めて、患者さんに寄り添った仕事ができます。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!