【看護師転職】心療内科の仕事内容と良い点と悪い点について

【看護師転職】心療内科の仕事内容と良い点と悪い点について

ここでは、心療内科への転職をお考えの看護師の皆様のために、心療内科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます。

 

心身のバランスが崩れがちになっている患者さんに対して、医師の診断に基づき適切な治療を施すのが心療内科で働く看護師の仕事内容です。

 

医師が診察を行う前に患者さんに問診や、医師が診察を行う際には速やかに正しい診察が実践できるようにサポートします。

 

心療内科は患者さんの心も問題に対する治療を施すため、目視では確認できない部分に対してサポートする仕事内容になり、看護師としても非常に難しい分野になります。

 

心療内科の仕事で良い点は、患者さんによって異なる問題を抱えているため、ゆっくりと時間をかけてでも十分理解するためにコミュニケーションを図るように努力する仕事が看護師としてのスキルアップに繋げられる点です。

 

他の診療科目にも共通するものですが、患者さんとの信頼関係を築けなければ本当の意味で治療ができないものです。

 

心療内科に通院または入院している患者さんは心に大きな傷を抱えている方が多いため、そう簡単には信頼関係を築けない場合が多いです。

 

それでも一生懸命コミュニケーションを図って患者さんから信頼してもらえる関係になった時には、とても嬉しくて仕事に対するモチベーションも高める事ができます。

 

逆にデメリットとして感じられるのは、自分自身の心が折れる場合がある点です。

 

なかなか心を開いてくれない患者さんと接していると、自分には看護師としての実力がないのだろうかと不安を感じてしまい、自信を失う可能性も考えられます。

 

どんな事が起こってもへこたれない強い意思を持って勤務する覚悟が必要です。

 

心療内科を標榜する医療機関が少ないため、求人募集もそれに比例した数で、勤務地は東京、大阪、福岡などの大都市圏がほとんどです。

 

アルバイト(非常勤)でのニーズが多いため、勤務時間に融通をつけやすいのはメリットでしょう。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!