有給休暇と特別休暇の違いは?

有給休暇と特別休暇の違いは?

質問

有給休暇と特別休暇の違いは?

 

お答え

まず、「有給休暇」とは、1年間継続して勤務し(初年度は半年)、全勤務日数の8割以上出勤すると、

 

法律上与えられる休日のことで、休んでも給与が減ることはありません。

 

これは、正社員なら初年度は10日間と法律上決まっています。

 

また有給休暇は、上限はありますが、法律上年々増えてきます。

 

しかし継続勤務が条件のため転職するとリセットされ、また10日間から始めることになりますが、

 

施設により転職前の勤続期間を通算してカウントしてくれる場合がありますので、確認するといいかもしれません。

 

一方特別休暇とは、有給休暇とは別に、雇用者側(病院経営者など)が独自で設けている休暇制度のことです。

 

年末年始休暇、リフレッシュ休暇など、名目は様々です。

 

ただし注意したいのは、この場合、「有給」とは限らないということです。

 

特別休暇を有給にするか、無給にするかは雇用者側の自由なのです。

 

「特別有給休暇」と書いてあれば有休の休みですが、特に記載されていない場合は、無給の場合が多いので、

 

その休暇制度を利用してお休みするとその月の給与は減ります。