ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーになるには

介護保険サービスを利用する人のために、その人の健康状態や生活環境踏まえた上でケアプランを考えるのが、ケアマネジャーです。(介護支援専門員)

 

ケアマネジャーは看護師に限った資格ではなく、医師、保健師、介護福祉士、社会福祉士などの国家資格を持っていて、

 

5年以上の経験を持つ人であれば、受験資格があります。

 

介護系の資格だけに、介護福祉士や社会福祉士のケアマネジャーが多いのが実状ですが、

 

「病気の経過をよく理解している看護師の方がいい」「病院退院後にどんな経過をたどるか予測した上で、

 

どういうサービスが必要かを考えてくれる」など、実は看護師ケアマネジャーは高いのです。

 

「病棟勤務に比べて、給料は下がりがち」という話も耳にしますが、「日勤だけだから働きやすい」という人もいます。

 

また介護サービスをマネジメントするのがケアマネージャーの役割ですから、

 

病院で働いているのとは異なる職種の人たちと関わる機会が増えます。

ケアマネジャーになるための勉強方法

国家資格である保健師や助産師とは異なり、指定の学校に行く必要はありません。

 

通信講座や専門の学校もありますが、テキストを参考に独学でという人がほとんどです。

 

かつ受験料も、都道府県で異なりますが、1万円前後と比較的受験しやすい価格です。

 

だからでしょうが、受験者数はかなり多く、合格率は年々低くなってきています。

 

ケアマネジャー試験の合格率は?

 

毎年20%を切っています。

 

試験合格後の研修

ケアマネジャー試験に合格したら、すぐにケアマネジャー、というわけではありません。

 

合格者を指定の研修をうけ、それを修了したら、ケアマネジャーの資格を得られるという仕組みになっています。

 

研修内容は都道府県によって若干異なりますが、基本は介護保険制度の仕組み、ケアマネジメントの基本・技術、介護予防支援のことなどです。

 

研修時間は45時間前後のところが多いようです。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

ケアマネージャーになるには関連ページ

保健師になるには?
いろいろな患者さんを見ているうちに「病気になる前の予防と重要だな」とつくづく思うようになって、保健師に興味を持った。そんな話を時折耳にします。
助産師になるには?
看護師試験を受けた時のことを思い出して「大変だったな~」なんて思うかもしれませんが、助産師試験の合格率は95%以上となかなかの割合です。