保健師になるには?

保健師になるには?

いろいろな患者さんを見ているうちに「病気になる前の予防と重要だな」とつくづく思うようになって、保健師に興味を持った。

 

そんな話を時折耳にします。

 

保健師なるには、ご存知のとおり国家試験をクリアしなければいけません。

 

そしてその受験資格は、「文部科学大臣の指定した学校において、1年以上保健師なるために必要な学科を修めたもの」、

 

あるいは「厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業したもの」となっています。

 

看護師資格を既に持っている人たちにとっては、指定の学校に1年間通うか、

 

大学に編入して2年通って、国家試験にチャレンジするというのが基本コースです。

 

専攻科・専門学校か?大学編入か?

短期大学の専攻科、あるいは専門学校に1年通うか、4年制大学の3年次に編入して2年間学ぶか。それぞれに良い点があります。

 

まず専功科・専門学校の良いところは、なんといっても1年ということ。社会人になってから学生に戻るというの大変な選択になりますので、

 

「できるだけ短い方がいい」と考える人は多いのではないでしょうか。

 

そして1年と短い分当然ながら学費も安いです。

 

このことも大きいですね。

 

一方で大学編入の場合、やはり「大学卒」というブランドが魅力です。

 

保健師は、看護師比べて採用枠が少ないものです。

 

その際に大学卒と書ける強みは大きいのです。

 

また2年かけて学びますし、大学の方がより多くのカリキュラムが用意されているため、

 

興味のあることを選んでじっくり学べるという良さもあります。

 

国家試験の受験までに2年あるということが心のゆとりになるかもしれませんね。

 

2年という長さをマイナスにとらえるか、「ありがたい」と思うかはその人次第です。

 

保健師の学校では、何を学ぶの?

保健師の仕事内容に沿ったカリキュラムです。

 

具体的には、地域看護学(ケアシステムや保健指導、家族援助、学校保健などについて)、疫学、保健統計学、保健福祉行政論など。

 

訪問指導や保健所などの実習もあります。

 

保険試験の合格率は?

 

その年度によりますがだいたい90%以上です。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

<

保健師になるには?関連ページ

助産師になるには?
看護師試験を受けた時のことを思い出して「大変だったな~」なんて思うかもしれませんが、助産師試験の合格率は95%以上となかなかの割合です。
ケアマネージャーになるには
合格率は2割を切ります