【看護師の健康保険】選択肢は三つあります

【看護師の健康保険】選択肢は三つあります

健康保険は職場を通じて加入しているため、
退職すると自動的に資格を失います。

 

では健康保険に入っていない状態のままでいいのかというと、
もちろん答えは「NO」。

 

日本では皆さんよくご存知のとおり、「国民皆保険」ですから、
すべての国民は何らかの健康保険に加入しなければいけません。

 

また保険に加入してなければ、
病気やけがで病院を受診した場合に、

 

全額自分で支払わなければいけませんから、
自分のためにも無保険期間がないように、
退職後すぐに健康保険に加入することが大事です。

 

ではどんな健康保険に加入すればよいのでしょうか。

 

選択肢は三つあります。

 

一つは「もともと加入してた健康保険を任意継続する」

 

二つ目は「国民健康保険(=国保)に加入する」

 

三つ目は「家族の健康保険の被扶養者になる」です。

 

このうち、「健康保険の任意継続」というのは
聞きなれない言葉かもしれません。

 

これは退職した後も、
そのまま今までの保険に加入し続けるという方法。

 

加入してた期間が2ヶ月以上あること、
退職した翌日から20日以内に手続きを行うこと

ーーーという二つの条件をクリアすれば
任意継続が可能です。

 

ただし他の健康保険に加入するまでのつなぎのようなものなので、
最長2年までしか加入できません。

 

任意継続と国保、安いのは?

ではこの三つの選択肢はどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず異なるのが保険料です。

 

もともとの健康保険を任意継続する場合、
保険料は全額自分で負担しなければいけないので、
在職時の2倍(在職中は会社と本人で折半)支払うことになります。

 

国保の場合は前年度の所得によって保険料が計算されるので、
もし前年度の所得が高ければ、その分保険料も高くなります。

 

いずれの場合も、今までは給料から天引きされていたので
そんなに額を気にしたことがなかった人が多いでしょうから、

 

「あ、こんなに高いんだ」と驚くかもしれません。

 

もうひとつの選択肢である家族の健康保険の被扶養者になる場合は、
保険料はいりません。

 

ただ年収130万円未満と言った条件があるので、
条件をクリアできているか、確認が必要です。

 

一方それぞれの健康保険によって受けられるサービスが異なるかというと、
「出産手当金」などいくつか違いはあるものの、
「医療機関を受診した時の自己負担は3割」という基本的な部分は同じです。

 

そのためどの健康保険に加入するかは、
保険料が決めてになります。

 

家族の被扶養者として健康保険に加入できるのであれば
無料なので一番ですよね。

 

家族の被扶養者になれない場合は、任意継続か国保か。

 

国保の保険料は、市区町村の国民健康保険の
担当科に電話すると教えてもらえます。

 

もともと健康保険を任意継続する場合の
保険料と比較してどちらが安いかで決めるとよいでしょう。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

【看護師の健康保険】選択肢は三つあります関連ページ

【看護師の雇用保険】失業給付を受けるには
自ら仕事を辞めた人は4ヶ月先。
【看護師の雇用保険】失業給付を受け取るステップ
失業給付を受け取るステップについて
【看護師の雇用保険】失業給付の支給額は?
失業給付はいくらぐらいもらえるの?
【看護師の雇用保険】いつまでもらえる?
雇用保険はいつまでもらえるの?
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も