【看護師の雇用保険】いつまでもらえる?

【看護師の雇用保険】いつまでもらえる?

ではこの失業給付、いつまでもらえるのでしょうか?
「再就職していただくため」に支給されるものとはいえ、もちろん、再就職するまでずっと永遠に・・・ということはありません。

 

それまでの雇用保険加入年数の長さによって異なります。

 

自己都合の退職の場合は、「10年未満:90日」「10年以上20年未満:120日」「20年以上:150日」と設定されています。

 

つまり10年未満勤務した後、退職願を出してやめた場合、ハローワークで手続きを行った後、約4ヶ月後から3ヶ月間、失業給付がもらえます。

 

また雇用保険の加入年数(=勤務年数)によって支給日数が変わるということは、例えばもし「10年を切りに転職を」と考えた場合、きっちり10年勤めてから退職した方が断然お得なのです。

 

9年11ヶ月であれば90日しかもらえませんが、あと1ヶ月頑張って10年働けば120日間もらえるのですから。もっと言えば、1日違うだけで、給付日数は30日も異なります。

 

雇用保険の通算加入年数なので、職場が変わっていても、大丈夫です。

 

「合計で何年か」が重要です。

 

ちなみに倒産や解雇などによる退職の場合は、下の表のとおりです。

 

失業給付をもらえる期間(自己都合の場合)

被保険であった期間が・・・

 

1年未満:--------

 

1年以上5年未満:90日

 

5年以上10年未満:90日

 

10年以上20年未満:120日

 

20年以上:150日

 

*全年齢対象です。

失業給付をもらえる期間(倒産・解雇などの場合)

被保険であった期間が・・・

 

1年未満の場合

 

30歳未満の方:90日
30歳以上35歳未満:90日
35歳以上45歳未満:90日
45歳以上60歳未満:90日
60歳以上65歳未満:90日

 

1年以上5年未満の場合

 

30歳未満の方:90日
30歳以上35歳未満:90日
35歳以上45歳未満:90日
45歳以上60歳未満:180日
60歳以上65歳未満:150日

 

5年以上10年未満の場合

 

30歳未満の方:120日
30歳以上35歳未満:180日
35歳以上45歳未満:180日
45歳以上60歳未満:240日
60歳以上65歳未満:180日

 

10年以上20年未満の場合

 

30歳未満の方:180日
30歳以上35歳未満:210日
35歳以上45歳未満:240日
45歳以上60歳未満:270日
60歳以上65歳未満:210日

 

20年以上の場合

 

30歳未満の方:---
30歳以上35歳未満:240日
35歳以上45歳未満:270日
45歳以上60歳未満:330日
60歳以上65歳未満:240日

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

【看護師の雇用保険】いつまでもらえる?関連ページ

【看護師の雇用保険】失業給付を受けるには
自ら仕事を辞めた人は4ヶ月先。
【看護師の雇用保険】失業給付を受け取るステップ
失業給付を受け取るステップについて
【看護師の雇用保険】失業給付の支給額は?
失業給付はいくらぐらいもらえるの?
【看護師の健康保険】選択肢は三つあります
【看護師の健康保険】選択肢は三つあります
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も