【看護師の雇用保険】失業給付を受けるには

失業給付を受けるには|看護師の雇用保険

~自ら仕事を辞めた人は4ヶ月先~

 

自分から退職願を出して退職したけれど、
「失業給付って受けられるのかな?」
と不安になる必要はありません。

 

たとえ自分の都合で退職したとはいえ、仕事をしていないのだから、失業は失業。

 

失業給付はちゃんと出ます。

 

お金をもらいながら休めるなんて!

 

いいこと尽くしですね。

 

とは言ってもやはり世の中そんなに甘くはないようで、自分の都合で仕事をやめた場合、

 

退職後、すぐに失業給付を受けられるわけではありません

 

「待機」の7日間、「給付制限」の3ヶ月を終えてからようやく最初の支給のなります。

 

つまり3ヶ月間は無収入で過ごすことになるので、

 

失業給付を当てにしてバカンスの計画を立てている人は要注意です。

 

仕事を辞める前にちょっとした蓄えは必要です。

 

失業給付の対象は?

では失業給付の仕組みについて具体的に見てきましょう。

 

まず失業給付の対象はというと、「失業の状態」であることが前提です。

 

ただし単に仕事をしていなければいいというわけではなく、

 

そもそも「新しい仕事を探し、1日も早く再就職しいただくために支給されるもの」なので、

 

①働きたいという意思があること
②いつでも就職できる環境、健康状態にあること
③にもかかわらず、職業に就く事ができないことが条件。

 

つまり、「働き始めるのは半年後にしよう」と決めていても、

 

「就職先を探しています」というポーズは必要という事です。

 

そのため進学して勉強したい、病気やけがのためにすぐには就職できない、

 

妊娠・出産・育児ですぐには働けない、結婚などのために家事に専念しようと思っている。

 

・・・といった人たちは、前記の①②の条件に当てはまらないので、

 

失業給付を受ける事ができません。

 

そしてもう一つ条件があり、「離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること」

 

つまり、雇用保険に加入している期間(=就職している期間)が12ヶ月以上あることも条件なので、

 

例えば、新卒で入った病院を12ヶ月未満でやめた場合は、失業給付の対象にはなりません。

 

ちなみに病院が閉院した、解雇されたと言った「病院都合」の退職の場合は、

 

6か月以上の加入期間があれば失業給付の対象になります。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

【看護師の雇用保険】失業給付を受けるには関連ページ

【看護師の雇用保険】失業給付を受け取るステップ
失業給付を受け取るステップについて
【看護師の雇用保険】失業給付の支給額は?
失業給付はいくらぐらいもらえるの?
【看護師の雇用保険】いつまでもらえる?
雇用保険はいつまでもらえるの?
【看護師の健康保険】選択肢は三つあります
【看護師の健康保険】選択肢は三つあります
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も
早く再就職した人にはご褒美「再就職手当」も