看護師の退職届の書き方について

看護師の標準的な退職願・封筒の書き方

退職願は、勤めていた病院・法人により規定の書式がある場合があります。
その場合は、人事・総務担当者から指示を受けたものを使いましょう。
ここでは、一般的な書式をご紹介します。

 

 

 

看護師の退職願のポイント

 

○白い縦書き用の便箋に、黒のボールペン、あるいは万年筆で

 

○封筒は、縦長の白無地

 

○封筒の表には中央に「退職願」と記載し、
裏に自分の名前と所属部署を記入

 

○退職願は提出前にコピーを取り、
提出した物を後で確認できるようにしておきます。

 

○書き出しは「私事」あるいは、「私儀(わたくしぎ)」から。
「私個人のことですが・・」といった意味。
行の一番下から書き始めるのは謙遜の気持ちを伝えるためです。

 

○退職の理由は「一身上の都合により」とシンプルに

 

○退職予定日は、事前に上司(看護師長など)と
相談して決めた日にちを入れましょう。

 

○最後の日付は退職願を書いている日付ではなく提出する日付のこと

 

○所属部署、自分の名前は宛名よりも下になるように。
捺印も忘れずに

 

○あて先は、直接手渡す人ではなく、最高責任者。
つまりは病院長の名前になります。

 

 

看護師の退職届の書き方について

 

退職の意思を伝えて、
OKがもらえたら「退職願を出してね」と言われるはずです。

 

一般的に自己都合の退職の際に提出するものですが、

 

実はこの書類、法的には
「絶対に提出しなければならない」
というわけではありません。

 

でも病院側の事務手続きのために、
あるいは慣習的に、多くの場合、提出が求められます。

 

ここで「退職届なの?退職願なの?」と疑問に思うかもしれません。

 

実際はほとんど差はありませんが、「退職届」の場合、

 

退職することを届け出る、
つまり「退職しますよ」と断定する形になります。

 

一方、「退職願」は「願い」という漢字のとおり、

 

「退職させてください」と意思を伝えて承認を依頼するもの。

 

実質的にはあまり変わらないといえ、

 

よりソフトな印象の退職願を提出するのが一般的です。

 

最近ではパソコンで作成してプリントアウトする方法でも
特に問題はなくなっていますが、

 

やはり手書きで書いた方がより丁寧です。

 

また横書きではなく、縦書きが一般的です。

 

文面は深く悩む事ありません。

 

もし病院でフォーマットが決まっていれば、

 

そのとおりに

 

特になければ標準的な文面をそのまま写せば問題ないでしょう。

 

ちなみに、退職の理由はいろいろあっても、

 

基本的には「一身上の都合により」の一言で済ませること。

 

つまりは「自分自身の問題、個人的な事情で」ということです。

 

退職願はあくまでも形式的なものですから、

 

本音をつらつら書く必要はありません。

 

書いても後々面倒になるだけです。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

看護師の退職届の書き方について関連ページ

看護師が転職するに当たりすんなりと退職意思を伝える方法
看護師が転職するに当たりすんなりと退職意思を伝える方法
円満に退職するための引き継ぎ
引き継ぎが不十分だと転職先でも評判が悪くなるかも。。
その転職、ベストな選択肢ですか?
何の為の転職かもう一度考えてみましょう。