その転職、ベストな選択肢ですか?

その転職、ベストな選択肢ですか?

「よし職場を変えよう」

 

思い立ったが吉日とは言いますが、転職の場合はかる弾みな行動は裏目に出ることもあります。

 

転職したものの気に入らなくてまたすぐに転職・・・
なんてことにならないようにちゃんと計画をたてましょう。

 

うまくいく転職の第一歩は、円満退職への準備です。

 

転職したいと思ったからには何かしら理由があるはずです。

 

あなたの場合それはどんなことでしょうか。

 

「同僚との人間関係に悩んでいる」
「看護師長と気が合わない」
「勤務シフトが平等じゃない」
「給料が低い」
「プライベートな時間を増やしたい」
「休みをとりにくい」
「今の仕事にやりがいを感じられない」
「もっと専門性を高めたい」
「違う病院でチャレンジしてみたい」

 

いろいろな理由があると思います。

 

そして問題は一つではなく、複数の問題が絡みあった結果、

 

「だったら転職しよう」

 

という結論に達したのかもしれません。

 

しかしここでいったん冷静になって考えて欲しいのです。

 

転職はあくまで解決策のひとつであるということです。

 

「現状打破=転職」ではなく、あくまでもいくつかある選択肢のひとつなのです。

 

例えば病院を変えなくても、別の診療科、部署への移動を希望することで、人間関係の問題を解決するかもしれません。

 

担当科が変われば、新しく学びとるものもたくさんあるでしょう。

 

病院の教育制度を利用して専門看護師や認定看護師の勉強にチャレンジすることもできるかもしれません。

 

かつそうした資格を取得することで、給料が上がる病院は多くあります。

 

あるいは、もう少し長く働き続ければ退職金をもらえるようになる可能性もあります。

 

(退職金の規定は組織によって異なるので、就業規則をチェックしてみてください。)

 

逆に転職によって職場を変えたとしても、すべてにおいて元の職場よりも条件が良くなると限りません。

 

まずは今の職場の良いところ、悪いところ(変えたいところ)をリストアップしてみましょう。

 

次に転職することのメリット(改善できること)、デメリット(悪くなる可能性があること)を書き出してみましょう。

 

今すぐ、転職すべきかどうか客観的に判断する材料になります。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

その転職、ベストな選択肢ですか?関連ページ

看護師が転職するに当たりすんなりと退職意思を伝える方法
看護師が転職するに当たりすんなりと退職意思を伝える方法
看護師の退職届の書き方について
看護師の退職届の書き方について
円満に退職するための引き継ぎ
引き継ぎが不十分だと転職先でも評判が悪くなるかも。。