看護師求人 病児保育室

病児保育室で働く看護師を突撃インタビュー

日本の将来に関わる大きな課題、少子化問題。

 

その解決に向け子育て環境の充実が求められています。

 

ここで紹介するのは、働く親をサポートする病状保育室のナースです。

 

~働くママを助け子供に笑顔と安静を~
*堀田和子さんの場合

 

 

「子供が病気になった。どうしよう。お熱があったら保育所では預かってくれない。
でも仕事も休めない。こんな時に安心して預けられる場所があれば・・・」

 

そうな保護者たちの切実な願いにこたえて、
病児保育施設は1970年頃から少しずつ各地に開設されてきました。

 

まだまだ十分な体制といませんが、
今では全国病児保育協議会の加盟施設だけでも300を超えます。

 

その中でもいち早く1968年大阪府枚方市に開設された枚方病児保育室は、
病児保育のあり方を模索し確立してきたパイオニア的な存在です。

 

朝8時。

 

枚方病児保育室の開質の時間。

 

お母さんやお父さんに連れられてやってきた子供たちを、
堀田和子さんはいつものように明るい笑顔で迎えます。

 

彼女はこの保育室ができて3年目から働いてきたベテランナースです。

 

ここを利用するのは、
枚方市とその周辺地域の0才から小学4年生までの子供たち。

 

定員8名。年間利用者は1500円前後。

 

入室する子供の病気は、風邪が全体の6から7割程度を占めます。

 

あとはおたふく風邪、水ぼうそう、
結膜炎などの感染症、足の骨折やけがなどさまざまです。

 

堀田さんはまず保護者から子供の症状や
薬のことなどを確認し検温します。

 

子供たちは10時から隣接する小児クリニックで医師の診察を受けます。

 

11時半給食、12時から午睡、
15時おやつ、あとは18時の閉室まで自由遊びの時間。

 

体調によってずっとベッドに寝て安静にしている子供もいますが、

 

部屋にそろえてあるおもちゃや絵本など
持ち出したりして遊んでいる子供もいます。

 

枚方病院保育室は小児クリニックに併設された施設で、
クリニックの院長が保育室の責任者です。

 

現在のスタッフは堀田さんのほかにナース1名、保育士1名。

 

国の制度上は看護師と保育士両者がいなくては
病児保育の施設としては認められません。

 

堀田さんが勤め始めたばかりの頃は、
参考にすべき施設はどこにもありませんでした。

 

堀田さん達は一つ一つ自分たちで考えながら
役割分担など運営上のルールを決めて、
それがそのあとにできた病児保育施設の基礎になりました。

 

運営上のルールだけではありません。

 

病児保育についての社外的な認識も、
行政上の制度もほとんど何もありませんでした。

 

堀田さん達は医師や施設を利用する保護者たちとともに行政と交渉、
各地の研修会、交流会、学習会に積極的に参加、学会で発表するなど、
発言や働きかけをさまざまな方面に向けて続けてきました。

 

その努力はナースという枠を超えたものでした。

 

「ここのおかげで仕事を続けられたというお母さんの言葉に、
やってきてよかったと思いました。
この仕事はナースとしてのプロ意識だけではだめなんです。
子供のためになる環境を作っていく事、
病児保育の意義をわかってやりがいを感じられる
ナースに関わった欲しいと思います」。

 

【近況】
取材後、後進にまかせて看護の仕事をリタイアした堀田さんでしたが、
しばらくして復帰しました。正職員ではないですが、
現在も中心メンバーとして勤務中です。
もう少し病児保育の現場には堀田さんの力が必要なようです。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

看護師の転職先「病児保育室」ってどんな職場?関連ページ

「大学病院」の職場環境
充実した教育体制!キャリアアップ思考の方におススメ
「地域の中核病院」の職場環境
どんな臨床現場でも戸惑うはない、看護師としての技術を磨きたい方におすすめの仕事場です
「一般病院」の職場環境
近隣住民の健康づくりを近隣住民の健康づくりをお手伝い、地域に根づいた看護がしたい方におすすめ
「診療所・クリニック・個人病院」の職場環境
院長との相性次第?オフ時間は作りやすいのが特徴です
「療養型病院」の職場環境
個々の患者さんとゆっくり向き合い長期の時のお手伝いも。
「介護施設」の職場環境
処置よりもケア中心のお仕事です。入居者の生活を両面から支えます。
「訪問看護ステーション」の職場環境
生活の場で,その人らしくを支援します。在宅医療のキーパーソン
「保育所・幼稚園」の職場環境
子供好きなら最高の職場
「企業」の職場環境
医療関連企業以外にも看護の視点を活かした仕事がある。
「シップナース」の職場環境
安心や安全な航海を支え、世界を巡る海の上のナース。
「会社経営」の職場環境
ナースの働く場所が広がってきている大きな要因には、医師による治療を受ける前の予防、健康がより重視されるようになり、そこに向けたビジネスやサービスが誕生してきたため。中にはナース著者の経験を活かして、自ら事業を始める人も現れている。そんなナースを取材しました。
「離島診療所」の職場環境
遠く離れた土地での看護は病院勤務と異なる専門性が求められる仕事です。
「保健所」の職場環境
治療より予防! 地域住民の健康づくりをサポート
「空港・検疫所」の職場環境
空港の医務室や診療所また検疫所で看護師と働きたいなら看護のお仕事がサポートしてくれます。