看護師の転職先「保健所」ってどんな職場?

看護師の転職先「保健所」ってどんな職場?

 

地域住民の公衆衛生を支える保健所。

 

都道府県や政令指定都市、中核都市、特別区などに設置されています。

 

病院との違いで言えば、病院は病気になった人を治療するのがメインなのに対し、
保健所は病気にならないよう要望するのがメインです。

 

「保健所で働くには保健士資格が必要では?」
と思われることも多いですが、そうとも限りません

 

保健師、看護師両方を募集していることが多いのです。

 

具体的な仕事内容は、窓口や電話での健康相談や保健指導、
健診業務、予防接種、高齢者の介護予防教室、
乳幼児や妊産婦の健康診断など。

 

どこまでカバーするかは、保健所によって異なるようです。

 

都道府県や市区町村などが運営母体である保健所は、
職員を公務員待遇にしています。

 

そのため給料も福利厚生も比較的手厚いところも魅力です

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

看護師の転職先「保健所」ってどんな職場?関連ページ

「大学病院」の職場環境
充実した教育体制!キャリアアップ思考の方におススメ
「地域の中核病院」の職場環境
どんな臨床現場でも戸惑うはない、看護師としての技術を磨きたい方におすすめの仕事場です
「一般病院」の職場環境
近隣住民の健康づくりを近隣住民の健康づくりをお手伝い、地域に根づいた看護がしたい方におすすめ
「診療所・クリニック・個人病院」の職場環境
院長との相性次第?オフ時間は作りやすいのが特徴です
「療養型病院」の職場環境
個々の患者さんとゆっくり向き合い長期の時のお手伝いも。
「介護施設」の職場環境
処置よりもケア中心のお仕事です。入居者の生活を両面から支えます。
「訪問看護ステーション」の職場環境
生活の場で,その人らしくを支援します。在宅医療のキーパーソン
「保育所・幼稚園」の職場環境
子供好きなら最高の職場
「企業」の職場環境
医療関連企業以外にも看護の視点を活かした仕事がある。
「シップナース」の職場環境
安心や安全な航海を支え、世界を巡る海の上のナース。
「病児保育室」の職場環境
日本の将来に関わる大きな課題、少子化問題。その解決に向け子育て環境の充実が求められています。ここで紹介するのは、働く親をサポートする病状保育室のナースです。
「会社経営」の職場環境
ナースの働く場所が広がってきている大きな要因には、医師による治療を受ける前の予防、健康がより重視されるようになり、そこに向けたビジネスやサービスが誕生してきたため。中にはナース著者の経験を活かして、自ら事業を始める人も現れている。そんなナースを取材しました。
「離島診療所」の職場環境
遠く離れた土地での看護は病院勤務と異なる専門性が求められる仕事です。
「空港・検疫所」の職場環境
空港の医務室や診療所また検疫所で看護師と働きたいなら看護のお仕事がサポートしてくれます。