看護師の転職先「訪問看護ステーション」ってどんな職場?

看護師の転職先「訪問看護ステーション」ってどんな職場?

「病院から在宅へ」という国の方針もあって、広がっている在宅医療。

 

利用者も増えている中重要なのが訪問看護師の存在です。

 

訪問診療を行う医師ももちろん必要ですが、病院同様に在宅でも最も長い時間患者さんと接するのは看護師ですから、

 

日々患者さんのもとに伺い、ケアを行う訪問看護師がいなければ、在宅医療は成り立ちません。

 

ところが、1人で患者さんの自宅を訪問して、1人で判断・処置するということは、経験豊富で看護力に相当の自信がなければ難しいのは・・・と敬遠されがちです。

 

そのため、なり手が少ないの現状です。

 

しかし、確かに単独での訪問が基本ですが、判断に迷ったときには、訪問看護師仲間などに相談することができますし、「懸念事項があれば主治医に報告する」のが基本です。

 

新卒で訪問看護師というのは難しいかもしれませんが、夜勤もありませんし、(オンコールはあり)、
実は子育てをしながらも働きやすい環境です。

 

また何より複数の患者さんを同時に担当する病棟では、
「思うように個々の患者さんと接することができない」
とジレンマを感じていた人にとっては、

 

訪問看護の現場はまさに「一対一」の看護ができる場所です。

 

病棟や外来ではなかなか見えない、その患者さんの家族構成や家族との関係、

 

生活環境なども踏まえた上で、「その人らしい暮らし」を支援するという仕事ですので、
とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。

 

また現状なり手が少ないがゆえに、一般の病棟勤務よりも時給を少し高くしたり、柔軟な勤務体制を認めたりと、勤務条件を良くしているところも多いようです。

 

いま高齢者を中心とした医療が病院から在宅へとシフトが進んでいる現在、キーパーソンとして期待されているのが訪問看護師です。

 

訪問看護ステーションの場合、管理者は看護師ですから
「いずれは独立!」
ということも可能です。

 

また老人ホームなどの介護施設でも
「看護力をウリにしたい」
と、積極的に看護師の採用を行なっている施設は多くなっています。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

看護師の転職先「訪問看護ステーション」ってどんな職場?関連ページ

「大学病院」の職場環境
充実した教育体制!キャリアアップ思考の方におススメ
「地域の中核病院」の職場環境
どんな臨床現場でも戸惑うはない、看護師としての技術を磨きたい方におすすめの仕事場です
「一般病院」の職場環境
近隣住民の健康づくりを近隣住民の健康づくりをお手伝い、地域に根づいた看護がしたい方におすすめ
「診療所・クリニック・個人病院」の職場環境
院長との相性次第?オフ時間は作りやすいのが特徴です
「療養型病院」の職場環境
個々の患者さんとゆっくり向き合い長期の時のお手伝いも。
「介護施設」の職場環境
処置よりもケア中心のお仕事です。入居者の生活を両面から支えます。
「保育所・幼稚園」の職場環境
子供好きなら最高の職場
「企業」の職場環境
医療関連企業以外にも看護の視点を活かした仕事がある。
「シップナース」の職場環境
安心や安全な航海を支え、世界を巡る海の上のナース。
「病児保育室」の職場環境
日本の将来に関わる大きな課題、少子化問題。その解決に向け子育て環境の充実が求められています。ここで紹介するのは、働く親をサポートする病状保育室のナースです。
「会社経営」の職場環境
ナースの働く場所が広がってきている大きな要因には、医師による治療を受ける前の予防、健康がより重視されるようになり、そこに向けたビジネスやサービスが誕生してきたため。中にはナース著者の経験を活かして、自ら事業を始める人も現れている。そんなナースを取材しました。
「離島診療所」の職場環境
遠く離れた土地での看護は病院勤務と異なる専門性が求められる仕事です。
「保健所」の職場環境
治療より予防! 地域住民の健康づくりをサポート
「空港・検疫所」の職場環境
空港の医務室や診療所また検疫所で看護師と働きたいなら看護のお仕事がサポートしてくれます。