看護師の転職先「大学病院」はどんな職場?

看護師の転職先「大学病院」はどんな職場?

 

特定機能病院である大学病院には、一般の病院では、診られないような重症患者さん、

 

あるいは高度専門医療が必要な患者さん、難病などの稀な病気の患者さんが集まります。

 

それだけにいろいろな症例を経験することができます。

 

知識の幅を広げたいという人にとっては、非常に得るものの多い職場のはずです。

 

また大学という教育機関だけに、教育制度がしっかりしている点も魅力です。

 

ただ多くの大学病院は、看護師の採用は年度ごとに行っていて、4月採用のみというところがほとんどです。

 

採用のタイミング、方法は早めにチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

採用人数は、100人単位と多く、一度に多くの人数が入職する分、

 

新卒だけではなく、中途採用も含め、新採用者研修、オリエンテーションが手厚い病院が多いです。

 

ただ、経験3年目以内の若手看護師の割合が比較的多いため、あなたの年齢、経験によっては、しばらくすると「教育する側」になることが求められるかもしれません。

 

ほとんどの大学病院の場合、就職説明会やインターンシップなどが用意されていて、

 

入職前に実際に働いている人たちの話が聞けたり、職場の雰囲気を体験することができます。

 

そうした制度を活用するのも良い方法です。

 

一方、研修医などの若手医師も多いため、注射や点滴などの手技をする機会が少ないという面もあるようです。

 

「役割分担が明確」とプラスにとるか、「技術が向上しにくい」とマイナスに取るかは個人差があるかもしれません。

 

また、「経験を積めて勉強になるけど忙しい」との声もよく耳にします。

 

急患や手術が多いため、シフト通りには業務が終わりづらかったり、委員会や勉強会、新薬に関する説明会が多いと言った

 

看護業務以外の理由での残業が多くあり様です。
ただ給与や福利厚生面は他の病院にくらべて恵まれています

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

知名度もあり、圧倒的な交渉力と実績があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

看護師の転職先「大学病院」はどんな職場?関連ページ

「地域の中核病院」の職場環境
どんな臨床現場でも戸惑うはない、看護師としての技術を磨きたい方におすすめの仕事場です
「一般病院」の職場環境
近隣住民の健康づくりを近隣住民の健康づくりをお手伝い、地域に根づいた看護がしたい方におすすめ
「診療所・クリニック・個人病院」の職場環境
院長との相性次第?オフ時間は作りやすいのが特徴です
「療養型病院」の職場環境
個々の患者さんとゆっくり向き合い長期の時のお手伝いも。
「介護施設」の職場環境
処置よりもケア中心のお仕事です。入居者の生活を両面から支えます。
「訪問看護ステーション」の職場環境
生活の場で,その人らしくを支援します。在宅医療のキーパーソン
「保育所・幼稚園」の職場環境
子供好きなら最高の職場
「企業」の職場環境
医療関連企業以外にも看護の視点を活かした仕事がある。
「シップナース」の職場環境
安心や安全な航海を支え、世界を巡る海の上のナース。
「病児保育室」の職場環境
日本の将来に関わる大きな課題、少子化問題。その解決に向け子育て環境の充実が求められています。ここで紹介するのは、働く親をサポートする病状保育室のナースです。
「会社経営」の職場環境
ナースの働く場所が広がってきている大きな要因には、医師による治療を受ける前の予防、健康がより重視されるようになり、そこに向けたビジネスやサービスが誕生してきたため。中にはナース著者の経験を活かして、自ら事業を始める人も現れている。そんなナースを取材しました。
「離島診療所」の職場環境
遠く離れた土地での看護は病院勤務と異なる専門性が求められる仕事です。
「保健所」の職場環境
治療より予防! 地域住民の健康づくりをサポート
「空港・検疫所」の職場環境
空港の医務室や診療所また検疫所で看護師と働きたいなら看護のお仕事がサポートしてくれます。