発表・講演等

1) 大城幸雄、佐々木亮孝、竜 崇正、大河内信弘:3Dイメージを活用した肝門部における肝動脈ネットワークの検討とMRCPとCTをフュージョンさせた3Dシミュレーション・ナビゲーション 第113回日本外科学会総会 福岡 2013
2) 福永 潔、大城幸雄、大河内信弘:肝変形を可能とした新しい肝切除シミュレーションシステム『Linversim』の開発と応用 第113回日本外科学会総会 福岡 2013
3) 宮本良一、大城幸雄、大河内信弘:肝・膵手術の術前3Dシミュレーションの現在と未来第19回肝胆膵疾患セミナー つくば 2013
4) 大城幸雄、大河内信弘:次世代型3D-CGバーチャル手術シミュレーションシステムの開発~Novel 3D-CG virtual operation simulation system~ 筑波大学附属病院臨床研究・教育講演会2013
5) 大城幸雄、田野井智倫、福永潔、三谷純、大河内信弘:リアルタイム変形が可能な新肝切除シミュレーションソフトの開発 SATテクノロジー・ショーケース2013 つくば 2013
6) Oshiro Y, Sasaki R, Ohkohchi N: A novel preoperative fusion analysis using 3-dimensional MDCT combined with 3-dimensional MRI for patients with hilar cholangiocarcinoma. The 22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2012) 第22回国際外科消化器科腫瘍科学会議 バンコク 2012
7) Oshiro Y, Sasaki R, Ryu Munemasa, Takeguchi T, Ibukuro K, Ohkohchi N: Analysis of the caudate artery with three-dimensional imaging AASLD 2012米国肝臓学会議 The 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases ボストン 2012
8) 大城幸雄、田野井智倫、福永潔、三谷純、大河内信弘:肝変形が可能となった新しい肝切除シミュレーションシステム 第7回肝癌シミュレーション研究会 熊本 2012
9) 大城幸雄、佐々木亮孝、大河内信弘:CTとMRCPをfusionさせた3Dシミュレーション・ナビゲーション 第67回日本消化器外科学会総会 富山 2012
10) 大城幸雄、佐々木亮孝、竹口隆也、衣袋健司、竜 崇正、大河内信弘:3D画像構築システムを活用した肝尾状葉動脈の放射線外科解剖学的検討 第48回日本肝臓学会 金沢 2012
11) 大城幸雄、佐々木亮孝、竹口隆也、衣袋健司、竜 崇正、大河内信弘:3D画像構築システムを活用した肝尾状葉動脈の放射線外科解剖学的検討 第24回日本肝胆膵外科学会 大阪 2012
12) 大城幸雄、佐々木亮孝、高橋 遍、小林昭彦、福永 潔、大河内信弘:MDCT と MRCP を fusion させた 3D 手術シミュレーション・ナビゲーションの有用性 第112回日本外科学会 千葉 2012
13) Zhang, Q. and Kakeya, H.(2013): An autostereoscopic display system with four viewpoints in full resolution using active anaglyph parallax barrier, to appear in Proc. SPIE 8648.
14) Ueda, Y. and Kakeya, H. (2012): Reduction of Moiré in Multilayer Integral Imaging Display, to appear in Proc. of International Display Workshop, Vol. 19, 1911-1914.
15) Sawada, S. and Kakeya, H. (2012): Fast Rendering of Integral Volumetric Imaging Using GPU, Proc. of 3DSA 2012, pp. 110-113.
16) Zhang, Q. and Kakeya, H. (2012): Quadruple Time-division Multiplexing Anaglyph, Proc. of 3DSA 2012, pp. 171-174.
17) Ueda, Y. and Kakeya, H. (2012): Influence of Additional Fine Fly-eye Lens on Focusing Distance, Proc. of 3DSA 2012, pp. 355-358.
18) 圓崎祐貴, 吉田晃順, 石塚脩太, 矢野博明, 岩田洋夫:” 肝臓手術シミュレータにおける実物体指向力覚レンダリング”, 第17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.435-438 (2012)
19) 矢野博明:人をサポートするバーチャルリアリティ(VR)、 筑波大学知能機能システム専攻 iit café つくば 2013
20) 工藤博幸, 統計的推定によるCT画像再構成の基礎と新しい展開, 日本学術振興会産業計測第36 委員会第406 回研究会, 2012年7月
21) Essam A. Rashed and Hiroyuki Kudo, Compressed sensing model for low-dose multiphase abdominal CT, 日本医用画像工学会第31 回大会, 2012年8月
22) 小林祐介,工藤博幸,鈴木大三, X線CTにおける近接スプリッティングを用いた統計的画像再構成法, 電子情報通信学会医用画像研究会MI2012-116, 2013年1月
23) 大森広崇,工藤博幸,鈴木大三, トータルバリエーション正則化のためのローアクション型画像再構成法, 電子情報通信学会医用画像研究会MI2012-123, 2013年1月
24) 柳原毅暢,滝沢穂高, 慣性モーメントテンソルを用いた胸部X線CT画像からの肺結節の検出, 第11回情報科学技術フォーラム(Forum on Information Technology 2012), Vol.2, No.G-015, pp.375-378, 2012.9
25) Takanobu Yanagihara, Hotaka Takizawa,  Pulmonary nodule detection from X-ray CT images based on moment-of-inertia tensors and voxel-based clustering The Proceedings of the International Forum on Medical Imaging in Asia 2012 (IFMIA2012), Vol.1, No.O8-4, pp.(6 pages), 2012.11
26) Hotaka Takizawa, Hiroyuki Kudo Interactive Segmentation by Use of a Belief-based Markov Random Field Model The International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) 2013, Vol.1, No.1, pp.1134-1137, 2013.1
27) 柳原毅暢, 滝沢穂高 胸部X線CT画像からの見え方に基づく肺結節検出の性能比較 電子情報通信学会技術研究報告(PRMU), Vol.IEICE-112, No.495, pp.193-197 , 2013.3

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です