2013.6.13に日本肝胆膵外科学会にて大城先生、宮本先生が発表しました。

6月13日(木)8:00より第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会のワークショップ1にて宮本先生が「膵臓の3D画像構築と術中所見の相関:膵切除に先立つ術前3Dシミュレーションの可能性」、次いで大城先生が「リアルタイムな肝変形を可能とした新肝切除シミュレーションシステム」というタイトルで発表した。詳細はこちら

DSC08788

2013.1.22 SATテクノロジー・ショーケース2013にてベスト産業実用化賞受賞

SATにて発表した「リアルタイム変形が可能な新肝切除シミュレーションソフトの開発」がベスト産業実用化賞を受賞しました。詳細はこちらをご覧ください。

2013.1.22

SATテクノロジー・ショーケース2013がつくば国際会議場で開催され、本リサーチユニットのliversimの発表と展示をいたしました。当リサーチユニットからは大城、伊藤、唐沢、宮本、太田が参加いたしました。まず午前中に90人の研究者が1分間のプレゼンテーションを行い、その後ポスターの展示とポスターブースでのデモンストレーションを行いました。そしてわれわれの発表がプレゼンテーション賞として、ベスト産業実用化賞を頂くことができました。表彰式ではつくばサイエンスアカデミー会の会長の江崎玲於奈先生から表彰して頂きました。

関連リンク:
SATテクノロジー・ショーケース2013受賞者一覧
大学HP
医学医療系
医学系専攻
コンピュータサイエンス専攻
情報メディア創成学類

20130122_111527

20130122_182948